40代の正社員転職を失敗したくない
あなたへ

40代でも、必ず好条件で転職できる!
そのためには必要な知識を備え、戦略を練って臨まなければいけません。

40代転職希望者の強い味方として、 有益な情報をお届けしていきます。

転職の成功は、人材紹介選びがカギ

● 40代 年齢が高くても、確実に転職を成功させる方法



実際のところをハッキリ言います。
40歳を過ぎた中高年の転職事情というものは、
想像以上に厳しい
です。

 
これから転職を志す人は、
覚悟をもって活動に臨んでください。

 
もはやこの年代での転職というものは、
先方の企業から乞われて、、、、

つまりスカウトやヘッドハントされて
転職するというのが一般的でありセオリー。

 
とはいえ、
現状抱えている何らかの不満を解消するためにも、
転職したい。

もちろん最低限、年収も現状維持で・・・ 

という希望を叶えるためには、
それなりに戦略と対策を練らないといけません

tokyo-960256_1280.jpg

 
このケースは、
たとえば40歳を過ぎた女性が、

“これから婚活をはじめよう”、

という相談内容と非常に似ているケースだと思います。

 
あなたなら、この女性にどんなアドバイスをするでしょうか??

 
ほとんどの人が、
彼女の“結婚したい”という願いを叶えるためには
「結婚相談所」への入会を勧めると思います。

そして、それがアドバイスとしては
かなり正解に近い答えだと思います。


より良い条件で結婚できる可能性を上げるためには、
結婚相談所への入会は不可欠でしょう。

 
では、転職したいあなたにとっては・・・

 
そう、
やはり信頼のおける転職エージェントへの登録をすること、

これが40代でも「転職を成功させる最大の近道」と
いえる方法なのではないでしょうか。

 
つまり、転職における最良のパートナーである、
転職エージェント選び」こそが、
40代以上のあなたにとっては、
最も重視すべきことなのだと思います。


 

● 失敗しない転職エージェントの選び方とは?


「紹介される求人情報が、自分が希望しているものと違う
 
「こちらの年齢や学歴、職歴等の
スペックだけで判断をされているようで気分が悪い」
 
「問い合わせに対する返事が遅い、
約束通りの時間に電話が来ない
 
「担当者が固定されていなくて、
そのたびにコロコロ変わって情報の引き継ぎがされない
 
「働き方の希望を話すと、
アドバイスというより説教をされる

 
転職エージェントに登録するといっても、
ものすごくたくさん会社があるので、
どこを信頼して自分の将来を任せたらいいのか
大いに戸惑うことだと思います。
307454.jpg
 
ここでつまずいたら、今後一生を棒に振ることになります。

失敗は許されません。

 
「“転職エージェント”で検索しても出てくるのはランキングサイトばかり・・・
どうせ登録時の報酬金額が高い順番に紹介しているだけでしょ。」

・・・ こんな声をよく聞きます。
 
20代、30代のビジネスパーソンでしたら、
大手の人材紹介会社を何も考えずに
登録しておけばよかったかも知れません。


これは年齢的なポテンシャルから、
人材紹介エージェントの基本的サービスを一定レベルで享受しておけば、
良い条件での転職も可能性が高いからです。


参考までに、人材紹介エージェントで
受けることのできるサービスを列挙しておきます。



 <人材紹介エージェントのサービス>

1.登録者に求人情報を送るサービス

2.その人のキャリアの市場価値を教える。

3、求人企業の非公開・極秘情報、内情を教える

4.面接日の調整や連絡の代行

5.応募書類(履歴書・職務経歴書)の作成方法、
  ブラッシュアップのサービス、コンサル。 

 

 
それぞれの人材エージェントによって、
1~6のどの分野で強み弱みといった傾向が出てきます。

 
この点を踏まえて、
40代の方々から寄せられるご相談内容として最も多いのが、
 
 ●人材エージェントの数があまりにも多すぎて
     どこを選べば良いかわからない。 

 ●以前転職に失敗した苦い経験があるので、
     今回は本当に頼れるエージェントに頼みたい。 


という、この2点です。

 
結局は、「個人個人」つまり人が行う仕事ですが、
それぞれのエージェントによって傾向があるので、
そのあたりを頭に入れて活動を行う必要があります。

 
<40代にとって1番ダメな選び方・・・知名度や広告を目にする量だけで判断する>

知名度に優れ、
頻繁に広告を目につくような転職業界の大手企業。

たとえばリクルートやインテリジェンス、マイナビなど。

こういう会社は転職支援サービス以外にも転職サイトを持っていたり、
複数のビジネスモデルを形成して収益の多角化を図っています。
197341.jpg
 
その結果、人材エージェントとしての質は、
やや落ちるかなという気がします。

20代、30代の転職バリバリな年代の転職なら、
そういうところでも全然OKなのでしょうが、
40代は一筋縄ではいきません。

 
ここは、転職支援サービス(エージェント業)だけに
絞った会社を選んでおくのが正解
でしょう。


 

<40代にとって2番目にダメな選び方・・・若手人材の求人中心のエージェントに応募してしまう>

大手エージェントに多いケース。

一般的にサービスレベルは整っているが、
アドバイザーひとりあたり受け持つ登録者は多く、
効率を優先するため、
転職が決まりやすそうな、
適正年齢層(2~30代前半)にパワーを注ぐ傾向がある。

その結果、40代相手には親身になってくれない。

 
<40代にとって3番目にダメな選び方・・・コンサル力が弱い中小のエージェント>
じゃあ、上記の懸念から、親身さやサポート面に期待して
中小の人材エージェントに頼ったとします。


そうすると、「コンサル力が弱い」という不満に
ぶち当たることが多いのです。

これは、紹介実績や内定獲得実績に乏しいので、
そこに見合ったコンサルができない実情があるのです。269486.png

 
●バランスのよい人材紹介エージェントの存在
 
大手人材サービス会社の中で、
唯一【JACリクルートメント】だけが
転職支援サービスだけに特化しています。

そして長年、
売上上位に位置して転職サービスを続けているのです。
これは、信頼を重ねてきた証だと判断してよいでしょう。

さらに東証1部上場企業ですので、
安心して転職活動を進めることができます。


 

当サイト管理人が人材エージェント会社において、
JACリクルートメントを一押しする理由・・・


●登録者(コチラ側)のスキルや要望に応じた売り込みを、
企業サイドにもちかけてくれる

●応募書類等や面接における、
内定までのコンサル力に圧倒的に優れている


 
なぜ、このような応募者にとって
最高ともいえるサービスを提供できるのかは、
【JACリクルートメント】の独特のビジネスモデル
拠るところがあります。

JACリクルートメントへ登録

 
この点について、詳しく解説していきたいと思います。
⇒ JACリクルートメント【人材紹介エージェント】への登録を強く勧めるポイント